Cedar Farm の想い

 大量生産、大量消費と効率化を優先した社会では、使い捨て文化を助長し、結果搾取する国と搾取される国といった世界的な貧富の構造を作り出しました。  私たちは、自分たちだけでなく世界全体が幸せになれるよう、また、後世に豊かな地球環境を残せるよう活動しています。アンコールワットで有名なカンボジアは、1953年にフランスの植民地から完全独立しましたが、その後も内戦やクーデターが絶えず、現在のように安心して観光できるようになったのは、ほんの20~30年前のことです。私たちは、
 - カンボジアの発展への貢献
 - 地球環境を保全し、安心・安全なオーガニック食品を日本へ届ける
ことを目的に、カンボジアに農園をつくりました。当初は、国民性、文化の違いから苦労もしましたが、現在、やっと日本のみなさまにオーガニックな食材をお届けできるようになりました。

Cedar Farm の取り組み

 私たちは、体に良い食べ物をお届けするために、化学肥料や農薬を使用しない有機栽培にこだわっています。また、農作物の加工に関しても、薬品処理等は行わず、素材そのものの良さをそのまま生かす加工を心がけ、加工場の生産工程も厳密に管理し品質管理にも気を配っています。

Cedar Farm について

 Cedar Farm(シーダーファーム)は、2011年カンボジアに設立しました。最初は、ゴム農園からスタートし、胡椒栽培、黒生姜の栽培と、カンボジア内でその土地と気候に合った作物を生産するかたちで作付け面積を拡げてきました。
 現在では、自社生産の作物以外にも取扱商品を増やし、以下の商品のご提供が可能となっています。
 <取扱商品>
  ■ カンポット・ペッパー(黒・白・赤の乾燥胡椒(ホール)、塩漬け生胡椒)
  ■ 黒生姜(ドライチップ)
  ■ パームシュガー
  ■ モリンガ(モリンガ茶(葉、葉のパウダー)、モリンガ・シード・オイル)
  ■ ツバメの巣
  ■ ジンジャー・フレーク
  ■ タピオカ・スターチ

 また、日本での窓口として、2017年3月 シーダーアグリビジネス合同会社 を設立しました。